鮒釣りではありませんが、天体写真は「月に始まり月に終わる」というくらい手軽な撮影なのですが、実際には奥が深いです。
 熱がこもったベランダの温度を下げ、反射鏡の温度を下げて外気と一致させます。一方、地球では大気が循環しますので、この循環が撮影に邪魔をします。
 デジタル撮影以前の月面写真は、たいへん難しいものでした。焦点距離の確保から、現像、プリント時の覆い焼き作業など、今ではノスタルジーな世界です。