It is very easy for me to shoot Astrophotographes...
処理技術と個人的興味で表現方法はいくらでも変わりますので飽きています。
2Distagon21mmF2.8開放 4 mozaic
EOS 20Da(mod) ISO800, 5min x 4
2007年4月21日、Kalbari, Australia
【 あれこれ1 】
通常の表現にも飽きています。HDR化やナローバンドの擬似カラー化など、多くの表現をしています。ひとつひとつは面白いのですが、この面白さがわからない普通の天文ファンが多すぎる気がします。
デジタルで撮影しながら、銀塩表現を目指すなら、「銀塩で撮影すればぁ?」と、いつも思うのです。「無限に広がる大宇宙」を目の前にしながら、ナントモ心の狭い連中だ、と思うのです。
EF200mmF1.8開放, EOS Kiss(mod)
Ha,Hb,S2(Kittpeak color style)
2005年11月24日 Amagi Plateu
PENTAX75SDHF(500mm)
EOS 1Ds mk3 ISO1600 20min
2007年12月14日、5th stage of Mt.Fuji
【 あれこれ2 】
今のところ、天体撮影に特化したデジタル一眼は無いね。
その時代時代で、もっとも適したデジは使用した(Nikon,Canon,Fujifilm,Leicaなど)けど、どれもマダマダ問題ばかり。何処が問題かは書くつもりはない。いろいろ撮影した人間にしかわからない世界だからね。
最近はメーカーの謳い文句が嘘っぽくてうんざりしている。
EF50mmF1.2L(F2.2)
EOS 1Ds mk3 ISO1250 2min 1shot
2008年10月8日、5th stage of Mt.Fuji
PENTAX75SDHF(500mm)
EOS cooled X2(mod) ISO1600 15min
5th stage of Mt.Fuji
EF200mmF1.8開放, EOS 1Ds mk3 ISO1600
トリミング有り
2008年10月2日、5th stage of Mt.Fuji
【 あれこれ3 】
赤道儀は単3電池で駆動するP2-Zを現在は使用しています。
過去にはEM-100、Mark-X、EM-200T2,Jrを所有していました。
私は正確な極軸のセッティングと機材調整ができるので、オートガイダーは使用しません。液晶画面とにらめっこしながら撮影するのは好きではないんです。余分な買い物しないから、天文業界にとっては迷惑だなあ。
シンプルにバランスを取るだけで、私の場合、P2-Zの使用で500mmでしたら10分の自動ガイドが可能です。
画像処理で作品は大きく変わります。このM51は私の撮影ではありません。元画像を拝見しますと素晴らしい撮影でした。ところで画像処理にはいろいろやアプローチがあります。右の画像を撮影するのにどれほどの金銭と情熱と時間が必要だったのか、私にはよくわかります。


【 あれこれ4 】
写真レンズで撮影するときは、いつも開放絞りで撮影しています。星空を撮影する時は、開放F2.8でそのまま使えるレンズで揃えています。絞らなければ駄目なレンズは所持していません(笑)。
昔は新レンズ購入は楽しい出来事でしたが、現在では購入時のテスト撮影も必要となるので、「清水の舞台から飛び降りる」気分になります。
国産レンズは戦闘力は高いのですが、防御に弱いので旧日本海軍の航空母艦みたいです。
Distagon21mmF2.8開放 4min
EOS 20Da(mod) ISO800
2007年4月20日、Kalbari, Australia
PENTAX75SDHF, RCx0.72 (360mm)
EOS kiss Digital(mod) ISO800 8min
2005年8月7日、Shirabiso Plateu
【 あれこれ5 】
天体望遠鏡はそれなりに醍醐味があるのですが、メーカーによって製品のバラつきが酷いです。また明るい反射望遠鏡系の調整が非常に面倒なのです。私のPENTAXも始めは酷かったです。1年の入院で素晴らしい状態に治してもらいました。直焦点でλ=4.9、リアコン付けてλ=5.1となり、名人にロンキーで確認してもらいました。
カメラレンズメーカーとは違い、明らかにハズレた製品を掴まされた時でも「返品返金」に応じてくれないので、最近では天体望遠鏡を購入しなくなっています。

【 あれこれ6 】
凡そ30年前、「日本では気流が悪いので30センチ以上の望遠鏡は意味を成さない」という記事が時々見られました。
しかしバブル経済があり、「日本列島ふるさと論」があり、日本各地で大型望遠鏡(といっても50-80センチ)がぼこぼこ建設され、以来このような記事は見受けられなくなりました。
わずか20センチF4の反射望遠鏡を使用しても、気流の影響が見られます。それでも年に5晩くらいは良い条件の夜があります。
Ginji 200FN, Paracore, EM-200T2.Jr
EOS Kiss digital(mod), EOS 20Da(mod) ISO800
2005's works, 5th stage of Mt.Fuji & Amagi Plateu
2005年11月28日
2005年11月4日
2005年11月28日
2007年4月20日