惑星のページ
2017年、32年ぶりに惑星を撮影しました。
「変化がある+ベランダでも可能」な反面、
「ジェット気流直下+日本は晴れなくなった」
という最悪な要素もあり、果たして、年に何回チャンスがあることか。
しかも撮影スタイルは、満潮時の数釣りスタイルではなく、干潮時の一発大物狙いです。
(観測や研究ではなく、エーゲ海の画像に惑星を浮かべたいのだな)


・2017年 Planet TOP pege

・2018年 Jupiter
・2018年 Saturn
・2018年 Mars